ウォーターサーバーペットボトル用について

最近では自宅に置ける手軽なウォーターサーバーが流行しているようです。
月々のレンタルや水代などを含めると、4人家族で約6000円からの費用が相場のようです。
しかし月々6000円というのは、庶民にとっては大きな金額です。
小さいお子さんのいるお宅では子どもの将来にために学費なども用意せねばならず、また不景気などのために少しでも貯蓄しておきたい時期でもあります。
自宅を購入された方などは特に、月々の出費を削りたいところです。
そのため、サーバーの導入を諦めている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
私もそんな中の一人でしたが、偶然にもペットボトル用のサーバーを見つけたので、現在ではそれを自宅に置いています。
ウォーターサーバーの価格は35000円ほどと少々高額でしたが、安いペットボトルを利用できるので自宅にはこちらのほうが向いていたのです。
これは量販店などで購入したペットボトルの天然水を、小型のサーバーにセットするだけでOKなのがポイントです。
いっぺんに4本ものペットボトルをセットすることができるので、1本ごとに交換する手間が省けます。
中に浄化小型とはいえども立派なサーバーなので、冷水はモチロンのこと、温水だってコックをひねるだけで出てくるのです。
チャイルドロックなどは付いていないため、子どもにはよく言って聞かせなければなりません。
これも教育の一環なので、注意を怠らずに説明をしてあげると良いでしょう。
気になる電気代ですが、省エネ仕様なので気になるほどでもなく、お湯を沸かす必要性もなくなったのでガス代金も浮き、家計的には助かっています。
またサーバーに紙コップを設置できる便利グッズなども販売されているので、コップを洗うのが面倒な方は購入をしておいた方が良いでしょう。
うちでは子どもの友人がたくさん遊びに来たときに紙コップが重宝するので、いつも買い置きしてあります。
また子どもたちは珍しいものが大好きなので、ペットボトルサーバーは一躍人気者になります。
冷却機能だけでいいという場合や、むしろ冷却機能もいらない、という場合には、もっとおしゃれでスタイリッシュなペットボトルサーバーが販売されています。
いずれも小型で、ペットボトル1本のみセットできる仕様の商品もあります。
これは独身の方や、家庭内での需要が少ない方向けの商品です。
しかし大型のレンタルサーバーの設置を躊躇されている方にとっては、便利な商品になることでしょう。
おしゃれなものからガラスで製作されたアンティークなものまで、さまざまなサーバーが登場しています。
子ども部屋などであれば、高価なレンタルサーバーよりもペットボトル用サーバーの方が勝手が良いでしょう。
その日の気分で、各地方の名水に変えられるのもこのサーバーの特徴でもあります。
冷却機能だけのペットボトルサーバであれば、ジュースボトルをセットして、遊びに来た子どもたちに「ジュースサーバー」として提供することもできます。
用途に合わせて、自分好みの使い方ができるのも特徴のひとつです。
まだ販売しえいる種類が少ないのが欠点ではありますが、まだ登場したばかりですので、今後の開発に期待してみるのも良いでしょう。
ウォーターサーバーの人気のヒミツについても興味深いです。

Copyright 2013 水の比較.com All Rights Reserved.