ウォーターサーバーはぼったくりなのか

近年よくテレビや雑誌などで、水道水の汚染であったり、環境問題や大気汚染の話などをよくニュースで見かけ自分たちの飲む水に対して少しは意識をして生活していかないといけないと夫婦で話し合っていました。
今までは、自分たちが飲む水は実家にある浄水器から、市販の水やお茶のカラになったペットボトルに水をくんでは、マンションに持ち帰り夫婦で飲んでいて、夜中に水が切れたら他の飲み物を自動販売機で買って飲めば問題無いし、自分たちの飲む水だから浄水器の水で十分ですし、お米を炊くときやカレーなどの煮物系を作るときでも全然問題ないと考えていましたが、昨年子供を授かり子供用の粉ミルクのために、水を絶対に切らさないように、夜中とか無くならないように重たいペットボトルに水の多めに予備を積んで自転車で運んでいました。
なぜ粉ミルを切らしては駄目なのかと言うと、妻が育児疲れのストレスから病院に行き支給された薬を飲むことになり、母乳が子供に飲ませる事が出来なくなり粉ミルクに変える事にしました。
それから色々水の事について、どうすれば良いか悩みましたが、インターネットの広告や病院の待合室にあるウォーターサーバーを見て、家にあれば便利だけど費用の事を考えると初めはぼったくりではないかと半信半疑でした。
しかし、利便性や水の安全性、自分の時間や労力を天秤にかけ考えてみると、我が家を救ってくれていると実感しています。
まず、水の安全性についてですが、天然水が主で天然水は徹底した、品質と衛生管理に基づいてボトリングしてくれているので、化学物質とか大気中の体に悪そうな物質が入らないく安全です。
ウォーターサーバーの良い点は、まず一点目は24時間いつでもお湯を出す事ができるので、すぐに粉ミルを作ることができ大変重宝しています。
半年がたった今は夜中寝てくれるので妻も落ち着きましたが、生後4か月目くらいは戦争で2時間おきに子供がおなかがすいてしまうので、粉ミルクを作りのため、眠たい目をこすりながら、お湯を沸かしては飲める温度までさまして飲ませてを繰り返しして大変でした。
続いて2点目は、実家から持って帰ってきたペットボトル5本計10キロを自転車の前かごにパンパンになりなりながら、マンションの5階まで持ってこなくても水が切れそうなときは、電話一本でもってきていただけるので、私も会社帰りに実家に寄らなくても直ぐに子供がいるマンションに帰れるとゆう処です。
もちろんカラになったペットボトルの回収もしてくれてゴミの心配もなくて安心です。
しかも、メーカーによっては、赤ちゃん用のプランもあるので、お得でもちろん私の処も、赤ちゃん用プランにしています。
後は、何かあった時の水を日頃から気にして備蓄していなくても家にウォーターサーバーがあればとりあえずは、水の心配はしなくてすむという処です。
運用費用面を計算してみたのですが、ウォーターサーバーは24時間電源を必要としていますが、電気代も今までのガス代や自分たちの飲み物は電気ポットを利用してお湯を沸かしていましたが、電気代ガス代を足した金額と見比べるとウォーターサーバー一台の方が安くてお得です。
また、ミネラルウォーターのメリット・デメリットはそれぞれあります。

Copyright 2013 水の比較.com All Rights Reserved.