ポリカーボネートの素材が使われているウォーターサーバーのボトル

毎日口にすることの多いお水は、安心して口にすることができるということがとても大切なことです。
そして、家族が安心して飲むことができるというのもとても大切です。
そのため、安心して使い続けることができるようにウォーターサーバーを選ぶ場合には、お水の入っている容器にどのような素材が使われているもしっかりと調べました。
ボトルの種類がウォーターサーバーには、二種類あります。
ガロンボトルとワンウエイボトルです。
ガロンボトルは、空になった容器は業者が回収してくれるので、自分でゴミを出す手間がありません。
そして、回収をしたあとにはそのボトルを洗って再利用することができます。
そのため、ゴミにならず再利用できるので環境にもとても良いです。
しかし、使い終わっても小さくつぶすこともできないし、回収してもらうまで置いておくことがでいないので場所をとってしまいます。
うちの場合、ストックのボトルを置く場所だけで場所がいっぱいになってしまうため、使い終わった容器を保管しておく場所がない状態でした。
そのため、この容器を利用するのは置き場所の問題もありやめました。
また、このガロンボトルにはポリカーボネートという樹脂が素材に使われています。
このポリカーボネートは、ビスフェノールAという化学物質が含まれています。
そして、この化学物質は溶け出して飲料や食品に混ざってしまいます。
そして、その化学物質が体にたまってしまうと健康にも害を及ぼしてしまいます。
プラスチックのお皿やカップにもこの素材が使われていることがあります。
この化学物質の含まれているものには、安全基準が国で定められています。
そして、お水のボトルにポリカーボネートの素材が使われている容器の場合でも、国が定めた安全基準は満たしているので、安心して使うことができます。
しかし、我が家には小さな子供もいるので、毎日口にするものは安心して使いたいと思います。
毎日使いながら心配しているのも精神的に良くありません。
そのため、もう一種類のボトルの容器のワンウエイボトルを選びました。
ワンウエイボトルは、とてもやわらかいポリエチレン製やPET樹脂などでできています。
そのため、お水を使ってボトル内のお水の量が少なくなってくると容器がつぶれる仕組みになっています。
そして、捨てるときにはボトルは小さくなっています。
小さくなったボトルをそのまま、資源ごみとして出すことができます。
ワンウエイボトルの場合には、ボトル内に空気が入らないので安心してお水を使うことができます。
また、使い捨てなので常に容器が新品です。
再利用するボトルでも、しっかりと洗浄してあるので安心ですが、いろいろ比べると使い捨てのほうが安心です。
毎日お料理などに使うものなので、少しでも不安がある場合には使うのをやめたほうが良いです。
そのため、最初に選ぶときに環境に配慮してあることも大切なことですが、家族が安心して使うことができるようなものを選ぶことがとても大切です。
ワンウエイボトルの場合には、自分で捨てなくてはなりません。
しかし、小さくなるので場所もとらず少しためてしまってもそんなに邪魔にならないのでおすすめです。

Copyright 2013 水の比較.com All Rights Reserved.